読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎもひだりも

アラサーでジャニオタ開花した初心者がとりあえずNEWSのこと考えてる

コンサートの中毒性って

今更ながらコンサートってなんでこんなに特別なんだろうって思って他のメディア媒体と比べてみました。わざわざ書くほどのことは言ってないけど、自分の中の整理として。「当たり前だろ!」って言われるような内容だと思いますが、一回ちゃんと出しておかないと、自分の中でぐるぐる残ってしまって何回も考えちゃって面倒くさいので。
人間は言語化して表出することで自分の中の感情を整理するって先生も言ってた。

 

雑誌・ラジオ・TV・コンサートの4つで考えてみる。

雑誌
まず言わずもがな、動かないし声も聞こえない。
TV誌、主婦向け(これなんてジャンルにするのか言葉が見つからない)、美容誌、ドル誌(ドル誌だけは前掲3種とは毛色が違うと思うのだけど)と種類は様々だけど、当然のことながら共通するのはまずそこですね。
あとはドル誌以外、ファンへ向けての話はもちろん大なり小なりあるんだけど、雑誌の購買層向けの話題がメインになっていることがほとんど。TV誌なら番宣、主婦層向けなら料理のこととか生活についてとか、美容誌なら気を付けてることだったりおしゃれなライフスタイルだったり。ファンだけが買う雑誌ではないからこそ、ファン以外へのアピールの場でもあるわけですよねー。興味持ってね!っていう。
ドル誌はまぁ載ってる人を目的として買うことが殆ど(むしろそれ以外だと何を目的とするのか)なので、購買層=ファンなんですよね。だから雑誌側もファンが聞きたいような近況とか、シチュエーション質問とかそういうのが多くなると。コアなとこですから、アイドル側もファンが喜びそうなネタを投下してくれます。立ち読みした雑誌でボディクリームか何かがお揃い(2個持ってたから貰って使ってる)とかいちゃつき爆撃かまされて膝から崩れ落ちそうになりましたよ本当。仲良しめ!

ラジオ
声が聴ける。テレビよりも内輪的な雰囲気が漂うのがファン心を擽ってやまない素敵媒体。カメラがないからなのかなんなのかわからないけれど、フリーダムのタガが外れていたり、イチャつきを見せつけてくれたり、番組が長期化することによるメンバー間の微妙な距離感の変化を楽しんだりと。
新曲が初OAだったりすることもあるので侮れない。
あと、録音しておけば通勤時間などにも楽しむことができるポータブル媒体でもある。
一番の欠点は映像なり写真なりがないこと。肖像権に厳しい事務所ですから出るわけない。録画でもいいから定点カメラとかで映像配信してくださいって思わされることも多々。視覚的ラジオしやがって!くそ!好き!!にやけちゃう!!!

TV
これがないと動いて喋って表情の移り変わりを眺めることができなくなる今の時代必須媒体。ただし、持ってる番組によっては美味しみはあまりないことも。もちろんゲストで存在感出して頑張ってるとことか、無意識の行動が可愛かったりだとか、映ってるだけで尊いとか、それもあるけど!あるけどもっと欲しがりなの!!
メンバーだけでわちゃわちゃしてるのが見たい!!!(≒コンサートのMCみたいな中学生男子のごときフリーダム)
TVは雑誌より更に不特定多数の視聴者に向けて放送されるものですから、そりゃファン受けのみ考えてるわけにもいかないです、当然ですよね。番組内容としてではなくて、グループやメンバーそのものについてのコアさはあんまりない。
そういう点では少プレはかなりコア寄りなので本当にありがたい。変ラボやNEWSな2人はゴールデンに進出してほしい気持ちと、ゴールデンになるとフリーダムさが失われてしまうのではという思いのジレンマ。でも応援しちゃう。。もっと大きくなって欲しいもの。。。寂しいけど。。。。。。
私的にはTVだとグループだけで完結しないところ、つまりゲストさんとかが入る(もしくはNEWSちゃん自身がゲスト)ことにより、ちょっと余所行き対応してるところが惜しくもあり、可愛くもあり複雑な心境。

コンサート
ラスボス。
生身の彼らがそこにいることがわかる。細かいことは別として、アイドルとそのファンのための空間なので、アイドル側も媒体に合わせた対応じゃなくてアイドルそのものとして接してくれてる(と勝手に思い込んでる)。アイドルが主役でありホストでありきゃーきゃー言われるための空間。
編集とか他の人の手を介入させずにリアルタイムで直接言葉を届けてもらえる、というのが一番のコンサートの魅力だと思う。ファンもただただステージの上を見つめてるし、ステージの上からもお客はファンだけ。これってすごく相思相愛の場だなぁと思うんですが、私今すごく当たり前のことを言っている自覚はある。
あとはMCでのわちゃわちゃとか、曲中での絡みとかでメンバーの仲良し加減を目の前で楽しむことができるというのも魅力な!普段雑誌・ラジオ・テレビでの様々なまき散らされたネタが基礎情報となって萌えが倍増するってもんです。
でも本当、これまでうだうだ書いてきた雑誌・ラジオ・テレビって、結局まとめちゃうとアイドルとファンの間にはタイムラグがあるじゃないですかー。それがない、目の前にいて、リアルタイムの言葉・行動に対して思いを返せる・示せるって本当特別。また、コーレスとか合いの手とか振り付けとか、自分が大好きなアイドルとの共同作業なんですよね。そりゃあ特別だよね、うんうん。貰ったこと当然ないけどファンサやらタオルやら貰えちゃったりしたら…そーりゃあ盛り上がるよね、そしてそんなファンを見て嬉しそうなアイドル見て更に嬉しくなるよね。受信するだけでなく、送信して受け取ってもらえるのって本当に嬉しく思うものですし。
結局集約してしまうとそこの一点なんだろなぁと思います。会えるって大事っていうね。

 

オチなどない。