読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みぎもひだりも

アラサーでジャニオタ開花した初心者がとりあえずNEWSのこと考えてる

自担の入所記念日なわけです

私をジャニヲタにした張本人であり、現在進行形で担当している小山慶一郎さんが本日事務所入所記念日です。ドンドン、パフパフーーー!!!(SE)ダイエット中なのでケーキは買いませんでしたが、今日一日仕事しながらもうずっと小山さんのこと考えてた。頭の中、仕事3割小山さん6割その他1割でした。土曜の勤務なんてそんなもんでいいんだよ。

 

Twitterを小山さんの名前でタグ検索すると、可愛らしくデコラティブなツイートが数多く目に飛び込んできまして…こんな可愛い場に文字のみ真っ黒お祝いツイートとか空気読めてない…マジ空気読めてない…と思ったのでブログに逃げてきました。絵文字は使いこなせない昭和の女です。スタンプといえば小山さんなわけですけど、慶ちゃんの方が年上だけど確実に絵文字やらスタンプやら私より使いこなせてる想像しかできないのがすごい。「32歳男性ニュースキャスター兼アイドル」という肩書きの「アイドル」しかその想像に結びつくところがないのに誰もが納得できるであろうその説得力すごい。買ってるスタンプも私より女子力高いの多そうなのもミソ。さすが。もうさっきからさすがしか言ってないけど。

 

慶ちゃんの女子力といえば、スマホの画像フォルダ見てたら萌え袖発生率及び小山慶一郎と萌え袖の親和性が限界点を突破してて。小山・萌え袖・慶一郎(32)。フォルダ内をシャーってスクロールしても止めた画面に必ず一枚はある萌え袖。萌え袖で口元に手をあててるとかすっごいギルティ。そんなポーズ女に生まれてこのかた一度もとったことござらぬわ!!っていう位の女子力。さすが読モ。もうこの狙った可愛さまじギルティ。でも結局天使かな、天使だね、じゃあ天使だから無罪!となるわけなんですけど。ええ。ここまで脳内ゼロコンマ3秒位です。画像フォルダはエデンだったのだ…。スマホ is Eden。オーケー、イエァ。

 

ここ最近はメン愛で自らの感想対策もとい美容法を報告してくれたので真似をしてインバスベビーオイルをやってみてます。読モがブログとかインスタで書いてるようなことをファンクラブのコーナーで披露してくれる小山さん本当女子力バリ高で尊敬しかない。ちょっと、この人32歳男性よ???おかげでここ数日ヒートテックが痒くならないよ???(吸湿発熱素材)化粧品で塗り固めることばっかりしてたけど、やっぱりベースは大事だし顔だけじゃなくて体もねって学ばせてくれたよね???何回も言うけど32歳男性だからね???今年、つかもう半年もしないで33歳だからね???自担推せすぎて意味がわからない…性別を超えて尊敬できる美意識…尊い…。

 

しかしそんな可愛くて女として悔しい程の女子力を見せ付ける読モ小山慶一郎(32)なわけですがコンサートの円盤とか音楽番組見てみ、セクシー滴り過ぎて豪雨だから本当。美しき豪雨。Beautiful Rain。肉食感出してくる雄セクシーもあれば、未亡人的な背徳感ある色気もあり、斜めからのパーンでカメラ見つけた時の流し目とかウインクでのカメラアピールに漏れ出るチャラセクシーさとか、セクシー多種多様に取りそろえております!!みたいな。ああもう本当課金したい。早く!!早く貢がせて!!ってなるから怖いものです。ギャップ萌えの塊かよ…。色んな一面見せてくれる小山さんが存在しているこの世界に生まれて幸せ…幸せすぎて死ぬ…。(死因:多幸死)

 

そういうわけでまとめると、NEWSが大好きで可愛くて美意識読モでいつもお仕事頑張ってて何よりかっこいい小山さんが大好きなので本当に16年前の今日、入所してくれたことに感謝を表したい。入所記念日おめでとうございます。

 

非ジャニヲタ時代の記憶の中のSMAP

気が付けばブログを放置して半年。やっぱり文章をこまめに書くという行為自体があんまり向いてないんだろうなぁと思いつつ、12月始まりの来年用の手帳兼日記もすでに空白の日が多いことを思い出していたたまれない気持ちになる年の瀬がやって参りました。昨日で仕事も納めて、今日から3日まで夢の5連休です。

この半年の間に(まだ編集してない)24時間TVもやって、QUARTETTOの円盤も(Whiteの焦らされっぷりが嘘のようなスピードで)発売されたり、各種音楽番組の出演があったり衣装が新しかったり仮装したり(自担の悪めポリスはすごいチャラ感あって納得した)、自担にCMのお仕事きたり、新曲発売決まったりしているわけです。NEWSちゃん大忙しだね!(というか24時間TVはワイプとかも気になって削れるとこなくないです?みなさんどうやって編集してるの??わからないよ…)

ただまぁ、2016年を振り返ると、ジャニヲタとしても、世代の人間としても触れないといけないかなって思う事案はNEWSちゃん以外に大きなものが一つ、ありまして。完全なる自己満足なわけだけれど、こんな歴史の節目に会うことってそうないと思うので備忘録としても書いておこうと思うわけです。
そう、多くのジャニヲタ・非ジャニヲタの方々も思いをはせている、SMAPのこと。
記憶の中にある古い時代から歳を追って、SMAPのイメージ(?)を思い起こしてみようと思います。ジャニヲタじゃなかったから、抜けてるものが多いと思いますがご容赦ください。年代的にはテゴシゲ世代から見たSMAP

 

<小学生時代>
赤ずきんチャチャ
ロンバケ
・ラブジェネ
・うたばん開始
SMAP×SMAP開始
サタ☆スマ開始
…ほーら非ジャニヲタで周囲にジャニヲタいなくてもこれだけSMAPと接してるよ!っていう見本市のような。
赤ずきんチャチャ」はSMAPとは思ってなかったし芸能に興味ない年頃でしたが「君色想い」が子供心にも好きなメロディだったのでよく覚えています。(後にSMAP曲と知ったりリーヤが慎吾くんだと知ったりで驚く)
「ラブジェネ」「ロンバケ」はドラマとかまだ興味なかったけど、母親が見てたからちらっとだけ覚えてます。花嫁降ってくるとか。
あと忘れちゃいけないのは「うたばん」ね!これはもうずっとだから!子供に見せたくない番組ランクインするほど子どもは見ているものです。今でも復活してほしい番組。
サタスマ」はなんで二人だけなんだろうって思ってました。サタスマは中居代行社と収納美人の記憶が強い。慎吾ママは中学生時代に一番フィーバーした気がする。
「スマスマ」は眠かったからあんまりこの当時見た覚えがないんですよね。でも計算マコちゃんがかわいいって評判だったのは覚えてます。
上記以外にも、ワイドショーでSMAPやKinKiが映ってたりするし、ジャニーズが好きってわけじゃなくても、ジャニーズ…特にSMAPはあたりまえにあるものでした。小学校の運動会のお遊戯の曲がSHAKEだったり、音楽の時間に夜空のムコウ合唱したりっていう世代です。
当時高校生とか大人だったりした人はもっと鮮やかな記憶があるかと思うけれど、小学生で別にファンじゃなかった私でも、当時の勢いってすごかった。熱狂、という言葉がぴったりなのかなと思います。どこを見てもSMAP。どこつけてもSMAP。とにかくSMAP、みたいな。*1

今考えれば、「SMAP以前」のアイドルは皆去った(解散)後だったからというのもあるんだろうなと思います。分散するものがないところに、彼らは燦然と輝いていたんだから、そりゃ目立つ。

<中学生時代>

出ました、「慎吾ママのおはロック」。スマスマも人気だったけど、時間帯的にサタスマの方が見やすかったのもあって、見てない人いなかったサタスマ。なんで慎吾ママのイメージがこの時期なんだろって思ったら、おはロック発売が中学生以降だからだ。おそらく昼の給食の放送がずっとおはロックかかってたせいです。
あとかかさず見てたのは「うたばん」。SMAPが出るときは中居君がいつもと違って、それがおもしろかった記憶があります。
…この時期ってV6の「学校へ行こう」がフィーバー強かったり(中学生になり、未成年の主張に憧れる者続出)、SMAPだけじゃなくてジャニーズ番組が強かったなーと思います。中学3年の時、ジャニーズ嫌いの友達が「私最近ジャニーズの中でもSMAPだけ、なんか好き。歌とか」って言ってたのがすごい印象に残ってます。
好き嫌いは別としてヒットソングは総漁りしてたので、この頃はSMAPはじめとしたジャニドル楽曲割と知ってる率高いです。
あ、あと部活(吹奏楽部)で「らいおんハート」やったりしました。

 

<高校生時代>

暗黒時代であり某バンドに傾倒しまくって3次元はそれ以外を受け入れられなかった時代のため記憶がございません。あとは2次元に生きてました。OTK。
でも「世界に一つだけの花」発売した時はサビ振り踊れましたよ(ミーハー)。カラオケは非二次オタと行くときはとりあえず(中学時代に流行った)SMAPか嵐いっとけばごまかせるよね!って思ってました。
スマスマも見なくなった時代で、というかこれ位の時期にはもうSMAPのイメージって「落ち着いた」感じでした。多分昔の熱狂がイメージとしてあったから、とかが理由あのか、これ書くと殺されそうだけど「SMAPってジャニーズ感ないよねー」とか、「人気落ちたよね」とかほざいてました本当ごめんなさい。今は偉大さもわかってるから本当許してください。*2

 

<大学生時代>

二次元に生きていた時代継続中です。ただ大学1~2年の頃のグループにジャニヲタがいたんですがどうしても彼女と波長が合わなくて嫌ジャニヲタ度が急上昇、3~4年の時の友人とゼミ担の先生がジャニヲタでいい人だったので普通に受け入れられるようになりました。ただ、思い返すとこの時周囲のジャニヲタはKinKi・嵐・KAT-TUNと、スマヲタさんがいなかったなぁと。それもあって、私はこの時期のSMAPさんノーマーク過ぎてあまり存じ上げません。申し訳ございません。(土下座)

 

<~現在>
2年前突然ジャニヲタになる(NEWS)→色んなジャニドルのことにもアンテナ広がる→SMAPの偉大さに気付く(今ココ)
…だってさ、赤ずきんチャチャやってた時代からずーーーーっと知ってる存在って、すごくないですか?解散したり人気がなくなって消えたりしないで、ずっとそこにある存在って凄くないですか?(二度言う)正直ずっと消えないでいることについては、ジャニヲタデビューする以前は「事務所のゴリ押しでしょ」とか思ってました。*3言い訳するなら派閥のこととか知らなかったので、彼らがどんな風に今のポジションを築き上げて守ってきたのかも知らなかったので。

でもだけど、SMAPが解散するなんて思ったことなかった。
だって私の記憶の中に「解散したジャニーズアイドル」っていないんです。
だって私の記憶の中できちんとアイドルグループとして認識した一番最初がSMAPなんだから。*4

 

SMAP解散と聞いても、発表されても、どこか「嘘でしょ」「何だかんだ11月位に撤回とかするんじゃないの」とか現実感はなくて。でもそんな展開はないままに今日はもう12月30日。明日はSMAP最終日。嘘だろ、おい。
twitterで毎週、「やっぱり不仲だ」「不仲じゃない、サインが出てる」「目を見ない」「話振った」「乾杯避けた」「乾杯した」と色んな呟きがあって、スマヲタさんみたく重ねてきたもののない私には、もう何が本当なのかわからないし表情も読み取れない。わかるのは年が明けたらSMAPがいなくなってしまうということだけで、それはとても寂しいことだし、SMAPがいないということのイメージがつかない。もちろんこれまで通り個々人での活動は行っていくわけだし、5人揃うことがなくなっただけで、意外とあっさりと馴染んでいくものなのかもしれないけれど、でも寂しい。

SMAPの解散というこの事件は、ジャニヲタ歴の浅い私にとって、考えたくもない現実のを突き付けてきました。
SMAPが、解散するということは、他のGだって、永遠だということではない。
ごく当たり前のことだけれど、でもファンとしては永遠を夢見ていたい。SMAPはそんな永遠の象徴だったと思うのです。歳を重ねてもアイドルでいてくれる彼らがいる、だからこれからも自担Gもずっといる、そんな安心感をくれていました。*5

明日、彼らは、支え続けたファンは、どんな12月31日を過ごすのだろうか、そう考えると、ただただ悲しいという感情しか出てきません。
戦おうと声をあげたファンの姿が、行動力が、そこまで駆り立てる彼らとの絆が、いちアイドルファンとしてすごいなと、素直に思います。署名とか購買とかファンレターとかだけじゃなくて、広告だそうとか新聞のメッセ欄埋め尽くそうとか、メディア媒体で取り上げられそうな・彼らの目に確実に届きそうな形で動くところに統率されたジャニヲタの強さを感じました。こっそり今後も応援してます。

 

 

 

明日は初のカウコンに当選しまして、きっとブログを書く時間はないなと思ったので今日のうちに。書いてる内容がまとまらなくて話がとっちらかるのはいつものことだし、もう気にしません。勢いのままこの記事UPしちゃおう。

あと1時間ちょっとで12月31日になります。
どうか皆さま、よいお年を。

*1:当時のブームって今と比べるとすごく大きくて、全てをそのブームが塗りつぶすくらいの威力があったと思う。今のブームは小規模なのが乱立してる印象

*2:本当に許してください。この文章書くのもめちゃ勇気出したんです

*3:そろそろ謝っても許されないんじゃないかと思う

*4:光GENJIはうっすーら「しゅーしゅーしてるのかっこいい」という記憶だけある

*5:まぁ自担Gは波乱万丈でなくなってしまいかけたこともありましたが、その時を実際に私は体験してませんし、そこを乗り越えて今があるからもうずっと平気!って思っているしそうであって欲しい

生写真は買う派

そういえば昨日ジャニショ行ってきました。
生写真買う派・生写真より他にお金使う派とに分かれると思うのですが、私は買う派です。
見たい時にいつでも素敵ショットが見れるっていう心の安定剤。疲れると無印のアルバムに入れた生写真眺めて気分を上げる。傍から見なくても気持ち悪い光景ですがお仕事頑張るにはこれも必要な儀式。
大体においてNEWS好きになる前からテニミュとかで生写真買いまくってた派なので生写真に対する抵抗はかけらもない。むしろ一枚ずつ欲しいものチョイスさせてくれるジャニーズはなんて優しいんだ(金を落とさせるテクニック)とか思ってしまうわけです。

こないだ行った時はヒカリノシズク/Touchの写真まだ出てなくて買えなかったので、四銃士以降買ってなかったのでどえらい枚数を気づいたら買わされてた。
ヒカリノシズク/Touch、QUARTRTTO、コンサートパンフ、White魂DVD特典PV、と大量の買ってない写真があったんだもの。それに別に全買いする勇者じゃないので60枚ちょっとだよ、うん…。

そういえば思ったんですけど、コンサートの時モニターに映ってる映像あるじゃないですか。あれ円盤に入れてね、絶対入れてねJEたん!って思ってるんですけど、あれも生写真出してほしかった…KAGUYAとか…。
KAGUYAのあの、時の砂ちりばめてもあのころに戻れない感ある映像の写真ぜひとも欲しかったな…。撮影オフショ写真…。

昨日は入場制限があったのでお客さん満員状態だったのですが、NEWSちゃんの前割と…すいてて…写真ほぼ一人で選びたい放題状態…?お…?
あれかな、みなさん24時間のWS編集とかで忙しいし、恋を知らない君への写真が出てからにしよっと~って感じなのかな。
レジ待ち列並んでる間にNEWSちゃん前も込み合ってきたのが見えたのでよかったです。あれかな、掛け持ちで他Gのコーナー先に行ったのかな。

そういえばジャニショ行くのはこれで3回目なんですけど、整理券貰って入るの初めてでした。
初めての時は土日の午後3時くらいでしたけどすんなり入れたし、2回目は平日の朝一番だったのでこれまたすんなりでしたし。
並んでる間、喫煙所近いからタバコ臭くなるし、なかなか辛いですね。

んで帰ってきて写真整理してその後は慶ちゃんのここ一年ばかしずっとつけてる赤いビーズのネックレスの特定作業してました。(痛
録画の編集作業しながらね。
で、多分見つけたのでポチってしときました。(激痛
ついでに24時間TVのチャリTシャツまだ買ってなかったので4色とバンド?をポチっておきました。
多分あれだ、コンサートロスから感覚がおかしくなってる。
月曜日が給料日だからって調子乗りすぎた気がする。
クロムハーツよりお手頃だったから…つい…。
届いたら崇め奉ろうと思います。もったいなくて使えない。

 

 

この一年でNEWS沼ズブズブしすぎてる気がする。

非ジャニヲタの友人をコンサートに連れてった話

まだまだQUARETTOの話題で更新します。
24時間テレビ絡みのWSとか編集とかでめまぐるしいけどまだまだQUARTETTOロス。
ということでQUARTETTOオーラスには非ジャニヲタの友人と行ったのですけど、彼女の感想を聞いたりしつつロス心をなぐさめております。んでそんな彼女の感想聞いてるとオタじゃない目線で見てるのが新鮮だったのでちょっとだけメモとって書き出してみました。
大体、アイドルより照明やスタッフの動きに感動してた人だからちょっとおもしろいよね。
これ書いたら友人に身バレしそうだけどまぁいいや。

 

続きを読む

コンサートの中毒性って

今更ながらコンサートってなんでこんなに特別なんだろうって思って他のメディア媒体と比べてみました。わざわざ書くほどのことは言ってないけど、自分の中の整理として。「当たり前だろ!」って言われるような内容だと思いますが、一回ちゃんと出しておかないと、自分の中でぐるぐる残ってしまって何回も考えちゃって面倒くさいので。
人間は言語化して表出することで自分の中の感情を整理するって先生も言ってた。

 

雑誌・ラジオ・TV・コンサートの4つで考えてみる。

雑誌
まず言わずもがな、動かないし声も聞こえない。
TV誌、主婦向け(これなんてジャンルにするのか言葉が見つからない)、美容誌、ドル誌(ドル誌だけは前掲3種とは毛色が違うと思うのだけど)と種類は様々だけど、当然のことながら共通するのはまずそこですね。
あとはドル誌以外、ファンへ向けての話はもちろん大なり小なりあるんだけど、雑誌の購買層向けの話題がメインになっていることがほとんど。TV誌なら番宣、主婦層向けなら料理のこととか生活についてとか、美容誌なら気を付けてることだったりおしゃれなライフスタイルだったり。ファンだけが買う雑誌ではないからこそ、ファン以外へのアピールの場でもあるわけですよねー。興味持ってね!っていう。
ドル誌はまぁ載ってる人を目的として買うことが殆ど(むしろそれ以外だと何を目的とするのか)なので、購買層=ファンなんですよね。だから雑誌側もファンが聞きたいような近況とか、シチュエーション質問とかそういうのが多くなると。コアなとこですから、アイドル側もファンが喜びそうなネタを投下してくれます。立ち読みした雑誌でボディクリームか何かがお揃い(2個持ってたから貰って使ってる)とかいちゃつき爆撃かまされて膝から崩れ落ちそうになりましたよ本当。仲良しめ!

ラジオ
声が聴ける。テレビよりも内輪的な雰囲気が漂うのがファン心を擽ってやまない素敵媒体。カメラがないからなのかなんなのかわからないけれど、フリーダムのタガが外れていたり、イチャつきを見せつけてくれたり、番組が長期化することによるメンバー間の微妙な距離感の変化を楽しんだりと。
新曲が初OAだったりすることもあるので侮れない。
あと、録音しておけば通勤時間などにも楽しむことができるポータブル媒体でもある。
一番の欠点は映像なり写真なりがないこと。肖像権に厳しい事務所ですから出るわけない。録画でもいいから定点カメラとかで映像配信してくださいって思わされることも多々。視覚的ラジオしやがって!くそ!好き!!にやけちゃう!!!

TV
これがないと動いて喋って表情の移り変わりを眺めることができなくなる今の時代必須媒体。ただし、持ってる番組によっては美味しみはあまりないことも。もちろんゲストで存在感出して頑張ってるとことか、無意識の行動が可愛かったりだとか、映ってるだけで尊いとか、それもあるけど!あるけどもっと欲しがりなの!!
メンバーだけでわちゃわちゃしてるのが見たい!!!(≒コンサートのMCみたいな中学生男子のごときフリーダム)
TVは雑誌より更に不特定多数の視聴者に向けて放送されるものですから、そりゃファン受けのみ考えてるわけにもいかないです、当然ですよね。番組内容としてではなくて、グループやメンバーそのものについてのコアさはあんまりない。
そういう点では少プレはかなりコア寄りなので本当にありがたい。変ラボやNEWSな2人はゴールデンに進出してほしい気持ちと、ゴールデンになるとフリーダムさが失われてしまうのではという思いのジレンマ。でも応援しちゃう。。もっと大きくなって欲しいもの。。。寂しいけど。。。。。。
私的にはTVだとグループだけで完結しないところ、つまりゲストさんとかが入る(もしくはNEWSちゃん自身がゲスト)ことにより、ちょっと余所行き対応してるところが惜しくもあり、可愛くもあり複雑な心境。

コンサート
ラスボス。
生身の彼らがそこにいることがわかる。細かいことは別として、アイドルとそのファンのための空間なので、アイドル側も媒体に合わせた対応じゃなくてアイドルそのものとして接してくれてる(と勝手に思い込んでる)。アイドルが主役でありホストでありきゃーきゃー言われるための空間。
編集とか他の人の手を介入させずにリアルタイムで直接言葉を届けてもらえる、というのが一番のコンサートの魅力だと思う。ファンもただただステージの上を見つめてるし、ステージの上からもお客はファンだけ。これってすごく相思相愛の場だなぁと思うんですが、私今すごく当たり前のことを言っている自覚はある。
あとはMCでのわちゃわちゃとか、曲中での絡みとかでメンバーの仲良し加減を目の前で楽しむことができるというのも魅力な!普段雑誌・ラジオ・テレビでの様々なまき散らされたネタが基礎情報となって萌えが倍増するってもんです。
でも本当、これまでうだうだ書いてきた雑誌・ラジオ・テレビって、結局まとめちゃうとアイドルとファンの間にはタイムラグがあるじゃないですかー。それがない、目の前にいて、リアルタイムの言葉・行動に対して思いを返せる・示せるって本当特別。また、コーレスとか合いの手とか振り付けとか、自分が大好きなアイドルとの共同作業なんですよね。そりゃあ特別だよね、うんうん。貰ったこと当然ないけどファンサやらタオルやら貰えちゃったりしたら…そーりゃあ盛り上がるよね、そしてそんなファンを見て嬉しそうなアイドル見て更に嬉しくなるよね。受信するだけでなく、送信して受け取ってもらえるのって本当に嬉しく思うものですし。
結局集約してしまうとそこの一点なんだろなぁと思います。会えるって大事っていうね。

 

オチなどない。

QUARTETTO東京ドーム2DAYS備忘録

素敵な方のおかげで無事オーラス入ることができました!
WhiteのBDレポやってないけどそれはもっと素敵なのが世の中に溢れてるから今はとにかくこのQUARTETTOの思いのたけを吐き出したい。
ていうか吐き出させて。じゃないと明日仕事行けない。
レポとかじゃなくてただのときめき吐き出しのためですよ念のため!!

 

一言で言うと、「この世にも天使がいたのさ」。
歌い踊り笑いイケメンなNEWSちゃんを見てた時、まじでこの心境でした。嘘。そんなきれいな言葉じゃなくて「マジ大天使かよ」でした。オタク残念。

もう6/11と6/12の記憶が混在しているような気もするけどとりあえず思いついたまま書く。じゃないと全部が夢だったような気がしてしまう。恐ろしい。

6/11
仕事してから脱水症状になりつつドームへ。最近行ってなかったので久し振りの水道橋。グッズ列が去年よりすごい速さで進む。超進む。一時間も並ばなかった…かな?買い込みすぎて荷物が把持していられなくなる。
今回唯一自分でとれた1階スタンド15列目。私にとっては十分近かった。三塁側に伸びてる花道の先端の延長線の席。
双眼鏡忘れたためコンタクト装着しただけの肉眼で見てましたけどメインモニターの真ん中がステージの柱で見えない。ちょっとつらたん。
割と小山さんが反対側に行ってしまうことが多かったですがその分はシゲちゃんに目を奪われてたので問題ナッシン。
KAGUYAはメインモニターに流れてた映像がなんだか切なそうで気になりすぎてるので円盤に入れてください。
星の王子様はペンラ上手いこと使ったな!なんとなく衣装とかメガネとかが私には風立ちぬを思い起こさせた無重力シゲちゃん。インテリナルシストっぽい動き(愛)が好き。
まっすーソロは流石増田さんというか、うん、増田さんイメージとは違う感じで逆に増田さん!って感じ(意味不明)。予想以上にストリートじゃった。
Touchは可愛いとしか言えない。可愛い。
MCはどうやら他会場でもやってたネタ?のようでしたが、私は初見なのでこれまた問題ナシ。
四銃士生オケ出てきたのはびっくりした!!!てか星を目指してはね…四人で星を目指して…。でもこの今まさに星を目指してるこの推されてる今、うん、今焼き直す曲だったよね。うん。
慶ちゃんソロはKAGUYAっぽい衣装で和風でちょっと意外だった!エレジーだし洋風かと。最後の寝転がるところでマイクスタンドがちょっと上手いこと行かなかった。提灯の演出が素敵。いつ脱ぐかと思ったけどチラ魅せくらいでした。金持ちの大店の若旦那(放蕩)って感じのビジュだなと思ってガン見してたけどカメラさん腰回しばっかズームしすぎじゃないですか?

手越さんソロは…凄いとしか言えない。すごくシンプルに歌を聴かせていただいた。ただあの雰囲気で客が笑いをとるのはやめような、と。
この日は双眼鏡がなかったのでとにかく雰囲気とノリを楽しもうという感じ。
シゲのうちわ買って帰ろうかと迷ったほどシゲがかっこよかった。

6/12
3階スタンドの16列の1塁ちょっと寄りほぼホーム上。メインモニターがきれいに見えて満足!今日は初めから野鳥の会。思う存分野鳥の会。自担という鳥の固定カメラ。
MCが神。4人全員がトイレに行き、つなぎでコヤシゲは花道を練り歩き、テゴマスは青いベンチサビアカペラで、コヤシゲは言いたいだけとチラリズムをちらっと。そしてまとまらないMC。増田さんの無茶ぶり。このMCはとても楽しくて良いMC。これは円盤にすべき。あと、コヤシゲでもなんかやってくれないかなぁ。
慶ちゃんソロ今日はマイクスタンドもキマってました。イケメン。
手越さんソロは昨日の二の舞。今日は私の席近辺の方々がキレてて「黙れよ」とか「ふざけんな」とか「マジで死ねよ」等々聞こえてきてちょっと怖かったけど、そんな空気を全て塗り替えてしまうユウヤ・テゴシのパワーには平伏するしかない。
予定にガチでなかったらしくて打ち合わせの様子がおもしろかったWアンコは、尺が調整しやすいweeeekでしたが、もう飛べなくてごめん。

両日通して
兄組が今回手繋いでたりセグウェイで引っ張ったり引っ張られたりなんか可愛いことしてました。Wアンコで二人が最後倒れ込んでたのもテゴシゲとの比較のようでおもしろかったです。←
Touchはとにかくかわいい。あの振りがもう可愛い。存在が可愛い。天使。天使でしかない。
wonderはイケメンすぎてピギャるしかなかった。かっこよすぎた。イケてるお兄さんたちやった。
NYAROの小山さんは「NYARO!の時のポージングが足の角度と言い腰のひねり方といい完璧。可愛過ぎて意味が分からない。何アレ32歳とか可愛過ぎるんだけど。
アンコからバンダナ頭に巻いた小山さんは、女子か、お前女子かという巻き方でもう可愛いしか言えない可愛い。
でもさくらガールは4人でもっとわちゃっとしてて欲しかった気もするなぁ。

 

二日観て思ったのは小山さんの軽率なまでのあざとさと可愛らしさとカッコよさとまるで二次元な体型っぷりなんですけどあの人本当に32歳なん…。
ツイッターで物販の売り切れ情報きた時に小山さん遅れがちだったから心配してたけど色々と無事売り切れたようで安心しました。

もう皆輝きすぎててまぶしいです。
今追い風が来てることをNEWSちゃんたち自身わかっているからなのか。最後のメッセージ的なとこで、「色々変わってくみたいでもNEWSは近くにいるよ」的なことを言ってくれるんですけど、本当、近くにいて…いや売れて欲しいんだけどチケットつら…いやでも…!!!もどかしいですね、ファン心理って。

あと、非ジャニオタの友人連れてったので、また感想しっかり聞いてみたいものです。
NEWSちゃんのことは気に入ってるけどジャニヲタに引いてるからな。果たして。
まぁ気にせず隣でキャーキャー叫びましたけど。

 

他にもあったけど眠くて頭回らないのでおやすみなさい。

JEたん、今度はあんまり待たせすぎないで円盤出してね!!!!!

whiteフラゲしてきました

が、感想はまたいずれ。
とりあえず今回カメラワーク全体的にいいですね!
残念なところの方が少なかった!
あと何より皆ビジュアル盛れすぎてて本編もMVも天国か?
あと何回か楽しんでからじゃないと言葉にできない。









でも小山誕入れなかった恨みは忘れないからねJEたん♡